「患者さんからのプレゼント」




 アンが亡くなって数年後のある日。職場の管理室前に大きな包みが置かれてあった。

中を開くと、毛布、ペットフード、缶詰、現金三千円が封筒に入っており、手紙も

同封されていた。手紙の文は「ワンちゃん、いつもありがとう!私たち病人の為に

犠牲になってくれて感謝してます。僅かだけどこれで美味しいものを買ってもらって

食べてね?」とだけ書いてあり、名前も住所も無記名であった。

たぶん、入院患者さんか外来患者さんからのプレゼントだと思ったが、実験動物の

為にこのような差し入れは一般の人から初めてだったので、送り主を探すために

病院中を駆けずり回ったが、結局はわからなかった。

最終手段として、新聞に投稿して感謝の意を伝えたところ、ある方からの情報で

ご本人が現れた。その方は癌の末期患者さんで、いつも犬の泣き声がする実験室に

来ては何とか感謝の念を伝えたいと思っていたと言うことであった。

  自分の命があと僅かであっても、私は素敵な家族に見守られて死んでいくことが

出来る。でも、実験犬達は病気でもないのに我々患者の為に健康体にメスを

入れられ犠牲になってくれている。その気持ちを伝えたくて、黙って置いて

いって失礼しましたが、許して下さいと言うことであった。

私はとんでもありません、貴方の優しい意思を無駄にしないよう、有難く

使わせて頂きますと答えた。その方は三ヵ月後に亡くなられたが、その尊い

プレゼントは術後で苦しんでいる犬達にとって最高のプレゼントになったのは言うまでもない。



「エッセイ集」トップへ戻る