「講演後のアンケートについて」




 先日の講演後にレスキュー協会がアンケート用紙を配ったらしく、そのコピーが 送られて来た。130人ぶんの回答用紙で、大半が小生の講演に好感を持ってくれた 内容であった。ただ、5名の方だけが何を勘違いされたのか、「動物実験推進が始めに ありき」の講演だったと書かれていた。そして、そのような立場の人間の講演には 感動も覚えなかったとも記されていた。10人いれば色々な意見があって当然だが、 一部とは言え、大変、残念なアンケート結果であった。 小生が何故、「カタカナの墓碑」のホームページを作り、多くの日本人に伝えよう としているのか、一体、何を期待して来られたのか理解に苦しむ内容だった。 講演では一言も「動物実験の擁護」「動物実験反対」の話はしなかったし、研究者でも ない一技術者の小生が言える立場ではないことを十分、理解している。 当時の動物実験の現状をありのままに伝え、アンと出会ってからの変革やその後の 個人啓蒙活動についてお話をしたつもりである。 時間の都合で、この世界の人間関係について、詳しく話さなかったが、 「動物小屋のおっさん」と呼ばれていた関係者は職場でも最下位に属し、 白衣を着たり、注射器を持っただけで「生意気な奴」と言われていた時代の 話である。そう言う立場の人間が、内部で上位の者に動物福祉の啓蒙活動を して行くのに、どれだけの悔し涙を流したかは理解出来ないだろう。 過去の経緯も理解せず、ただ、「動物実験関係者」だと言うだけで、すべての 人を攻撃対象にしてしまう彼等の対応に、正直、情けないと思った。 こういう人たちにはいくら、力説してもアンの気持ちは伝わらないだろうと思った。 動物実験の福祉論争では外野からの評論家は沢山いる。でも、内部からの変革を 希望して、実践している人もいると言う事を理解して欲しかった。 最後のスライドで、アンの影響を受けて、動物福祉に奔走した挙句、様々な軋轢で 精神的にダメージを受けた一人の日本人技術者の死を伝えたのも、そう言うことである。 まかり間違えば小生も同じ運命を辿っていたかも知れない。 このHPやエッセイ集を見たり、講演を聞いても「何も得ることが無い」 「感動もしなかった」と言う人には動物福祉活動なんてして欲しくないと 言うのが正直な気持ちである。

「エッセイ集」トップへ戻る