「動物慰霊碑」




 動物実験を行う大学や製薬企業などでは年に一回、動物慰霊祭を行っている所が 多い。私の勤務する歯学部でも秋になると関係者を集めて、その行事を行っている。 各教室から少しづつお金を集め、公的な行事ではなく、あくまでも自主的な開催で ある。何故、公式行事とならないのか?と言うと、国立大学では宗教行事に関する ことは一切、公的にしてはならないとされているからだ。 信教の自由は何人にも守られており、それを例えばキリスト教や仏教の形でも公式 に行うとすれば、他宗教の人は嫌が上でも参加を強制されることになる。 だから、歯学部では一切の宗教色を拝し、献花のみで行われている。 他大学では神式や仏式で行っている所もあると聞くが、参加者の自由意志を尊重し て、別に手を合わせなくても良いし、榊や線香を上げなくても良いらしい。 昔、私が医学部にいた頃は、年末に近くの尼寺で行っていたのを覚えているが、 多くの関係者が抹香臭い部屋で、数時間も正座し、神妙に頭を垂れていた。 最後に全員がお香を炊いて終了し、その後は各講座で、お決まりの忘年会に突入 するのがパターンだった。歯学部に異動した平成元年には慰霊碑も無く、焼却施設 横の広場に申し訳程度の何処で拾って来たか判らない石ころがひとつだけ転がって いる状態だった。関係者に聞くと、何も無いのもおかしいので、一応、慰霊碑の 代わりに置いたと言う事であったが、別に慰霊祭を開催する訳でもなく、草ぼうぼう の片隅にちょこんと置かれている石が哀れであった。 動物委員長も代替わりし、ある日、動物委員長に呼ばれた私は「動物慰霊碑も無い 学部はうちだけですよ」と言ったら、早速、運動をしてくれて、各講座に協力を 求め、事務側も協力してくれたおかげで、黒御影石の立派な慰霊碑が建った。 他大学にあるものに比べて、ほんの小さなものであったが、これで、毎年、慰霊祭が 開催出来ると喜んだ。私は無宗教なので、本音の部分では年一回の慰霊祭に顔を 出すより、本来は暇を見て手を合わせに来て欲しいと思ったが、そう言う訳には いかず、取りあえず、その動物委員長のおかげで現在に至っていることを感謝して いる。日頃は雨ざらしの中でポツンと建っている慰霊碑であるが、この時ばかりは 周囲の雑草を刈り取り、丁寧に清掃され、関係者にかしずかれる日であり、実験動 物の犠牲のもとに自分達の研究成果があると認識される日でもある。 医学部に在籍していた時は新設動物実験施設の初代施設長の教授と色々相談した 挙句、やはり抹香臭いのはやめておこうと言うことになり、施設正面玄関の壁面に 動物福祉に関係したモニュメントを配してくれた。その絵を見て入室する研究者や 学生はどんな思いで見ているのか判らないが、昔々にアンと言う女性が築き上げた 動物福祉の基本的理念がその壁にこもっているとは誰も気がつかないであろう。

「エッセイ集」トップへ戻る