「ハッピーちゃんの近況報告2」




 このたび、新潟の心ある方に里親として貰って頂いた元実験犬、ハッピー

ちゃんの近況報告を送って頂きました。メールの内容から如何に愛情を

持って可愛がって頂いているか、お分かり頂けると思います。

私の嬉しい気持ちと感謝の意味を込めて、当エッセイコーナーに掲載

させて頂きました。読者の皆様もハッピーちゃんに思いを寄せてご覧下さい。

                             佐藤良夫


いろんな出来事があり、私たちの気持ちを癒してくれるのは何だろうと思って

いた時、ハッピーの里親探しに出会いました。

私は実験犬に対して無知でしたし、何の迷いもなくこの犬が来てくれたらと

思いました。でも私の所は大阪以外だし、里親候補も大勢いるだろうしこんな

遠くはとても無理だろうと思っていましたが、話しがとんとん進み我が家へ。

ハッピーとの出会いは単なる偶然ではなく、お互い出会えるべくして出会った

のだと思います。もともと犬が大好きで、いつかは家で犬をと思っていた主人

ですが、「今、犬を」とは思っていなかったと思います。

私も「今、犬がいれば」と思っていれば、動物ショップでも、知り合いでも

尋ねていくらでも他の犬を飼う事はできたと思いますがそんな事は思い付きも

しませんでした。ですから犬を探そうなんて思ってもいなかった中、里親探しを

目にした時、自然に導かれるように何のためらいもなく申し出た気持ちと、

ハッピーが私たちの所へ来ようとした気持ちが一緒になり運命的な出会いが

できたのだと思います。私も佐藤さんのホームページには時々遊びに行き、

エッセイ・掲示板・実験動物のことなど読ませていただき、いろんな意味で

ハッピーは貴重な犬だったんなと思います。私達家族はこの間ハッピーに

どんなに心を癒され家の中が明るくにぎやかになったことか、あんなに犬が

苦手だった私が今ではハッピーはもちろん、まわりに出会う虫やカエルまで

いとしく、会うものみんなハッピーに見えてしまいます。

勤めから帰り、待ちわびて迎えてくれるハッピーを一生懸命なでたり筋肉の

マッサージをつい、いつまでもやっているとおばあさんから「ハッピーや、

いつまでも甘えているんじゃない」と明治の教育を受けたり、ふつうの家庭で

普通の生活をしているハッピーですが、セラピー犬として活躍・貢献した

ゆきちゃんのように広く社会に活躍させてやれなく、いろんな難関をもこえた

貴重なハッピーを、一個人の家に飼われて良かったのかなーという思いも

ふっとします・・・。さて、あっという間に実りの秋が来ました、ハッピーと

一生懸命育てた稲も今日か明日かと稲刈りを待っています。

今年は連日報道(こちらでは)されているように冷夏の影響はいくらか出て

いますが、待ちに待った我が家のブランド米、新潟コシヒカリ・ハッピー米の

刈り取りは今月後半になると思います。

出来上がったら佐藤さんはじめハッピーを助けて下さった皆様にぜひ食べて

いただきたいと思いますので一番に送りします、楽しみに待っていて下さい。

では、長くなりましたが最後にハッピーの最近を少し、8月のはじめ夕方の

散歩の時、主人は自転車で、気がつくとついて来ない(ノーリード)いつも

だと白いシッポがピンと立って草のカゲにいても見えるのに、この日は見えず、

呼べど応えず、探しに戻ると川(幅・水深1.5m位)に落ちていて一生懸命

流れに逆らい犬かきをしていたとのこと、すぐに助けた後はあまりのビックリ

に泣き笑いがでたそうです。きっと道草をしていて主人が先の方へ行ったので

急いで走り橋を曲がる時近廻りをして落ちたんじゃないかなと言っていました

が、犬の本能で犬かきができ大事に至らずほんとによかったです。

実はこの前の日も、ほんの小さな水耕にぴょんと飛ぶはずだったのを失敗して

落ちてしまい、どうしていいかわからずじっとしていたとか、時々しなくても

よいドジな冒険をしています。今となっては笑えるエピソードがまだまだいろ

いろありますがこのように毎日元気に過ごしています。

またいつか写真も紹介したいと思います。それから新潟来られる機会がありま

したらぜひハッピーに会いに来て下さい、お待ちしております。

                                ハッピーママ
 

「エッセイ集」トップへ戻る