「学会」


仕事を通じて学会や研究会に入ることは最新の情報を得たり、仲間とのコミュニュ ケーションを図る意味ではとても重要である。専門分野の方ばかりなので、そう言う 方の知識を通して、自分の置かれている立場や能力も客観的に判断出来る。通常、学 会は年に一度から二度行われ、各地区で持ち回りで開催されている。私自身も複数の 学会員に登録しているが、すでに入会してから三十年以上、経過した学会もある。当 初からのメンバーは定年で去ったり、途中脱退したりで、少なくなったが、 今でも 数少ない昔のメンバーと会えばまるで同窓会のような親しさで親交を温めることが出 来る。むしろ、職場にいる時よりもほっとすることのほうが多い。会員数が増えるに 従って会場探しも大変で、東京や大阪ならば問題ないが、地方でやる時は役員さんは 苦労する。千人近い参加者が一堂に介して聴講出来る会場は少なく、どうしてもA会 場、B会場、C会場と言う具合に分離方式で行わなければならないからだ。そのぶん、 会場費は高くなるし、お世話をするスタッフも大勢必要だし、何より参加者がプログ ラムを見ながら各会場を上手に回らなければお目当ての研究発表が見られないという 不具合も生じて来る。しかし、不思議なことにローカルで開催したからと言って、参 加者が減る訳でもない。むしろ、大都会で行われる学会よりも多いくらいである。そ の理由のひとつに、地方の支部役員が努力して全国の会員さんが喜んでもらえるよう なイベントを考えたり、地方独特の文化や料理に出会える楽しみがあるからである。 昔から学会は研究者のお祭りだと言われているが、当たらずとも遠からじである。私 が役員になった時に提唱させて頂いたのは、「発表と懇親会は学会の基本である」と 言うことだった。まだ、二十歳代だった若い時に初めて学会員となり、最初の発表を させて頂いたが、壇上で喋った内容も覚えていないほど、緊張した。たった8分間の 発表であったが、「どうか難しい質問は来ないように」と心で念じていた。幸い、 フォローしてくれるような質問だったのでほっとして壇上から降りた。 その後の懇親会では知人もいないので、会場の片隅で一人でビールを飲んでいたら、 私の発表の座長をしてくれた方が来て、「こんな隅っこにいないでこちらにおいで」 と中央のテーブルに連れて行かれた。そして、「阪大から発表したのは佐藤さんが初 めてだったので我々役員も嬉しかったよ」と言ってくれた。その言葉でこの学会が いっぺんに好きになった。その後も毎年、欠かさず参加したが、手弁当であるにも関 わらず参加している、同じ実験動物仲間が増えていく喜びを感じさせてもらった。最 初の頃はちんぷんかんぷんだった他の発表も、慣れていくに従って理解出来るように なっていった。そうして、何十年と言う時が経って、今度は自分がお世話をする番に なった時、懇親会の片隅で一人で飲んでいる初めての参加者には「こちらにおいで」 と促すようになった。相手は緊張でガチガチの態度であるが、次第に打ち解けてくれ るのが嬉しかった。他の役員にもそれを提唱させてもらったが、関西支部だけでな く、各支部も率先してそれを実践してくれた。また、座長をしていても、初めての発 表者には事前に打ち合わせをして、「気楽にやりなさいよ」と伝えたり、発表者を困 らせるような意地悪な質問があっても、やんわりと質問者に時間打ち切りを伝えた り、色々と策を労した。今は役員も若い人が台頭し、まさに「老兵は去るのみ」とい う状況であるが、こう言う心遣いだけは忘れないで受け継いで欲しいものである。二 年後には関西支部が再び全国総会の世話をするが、これが私にとって最後の地元開催 に出席するチャンスである。

「エッセイ集」トップへ戻る