「外道キャスターズに捧げる替え歌」ゴンちゃん作
(大阪ラプソディ)


♪あ〜の竿も こ〜の竿も〜 よく釣れ〜る フグの群れ
 ど〜こで釣ろうか フグの群れ〜 キャスターズは釣りの道
 アナゴにしましょか〜 それともこのま〜ま
 ゴンズイだ〜ままで〜 釣ってしまいましょうか〜
 サラピンのリールさえ〜 外道の道を唄ってる〜
 外道の〜キャスターズは〜 フグの群れ〜釣りの道〜

 きのかわより〜たにがわ〜 アナゴが釣れそうよ〜
 ありたがわなら〜 アナゴンダ〜釣るの〜
 ふと〜いハリスも アナゴンダとなら〜
 なぜだかこの糸〜 絡んでくるの〜
 ケミホタル〜忘れても〜 竿先が〜揺れている〜
 外道の〜キャスターズは〜 アナゴ釣り〜釣りの道〜

 釣っておきます〜 小さな魚まで〜
 オニオを釣った 大事な浜は〜
 サラピンの竿で〜さえ〜 外道の道を唄ってる〜
 外道の〜キャスターズは〜 エイの群れ〜釣りの道〜♪

(外道はあるさ)〜明日があるさ 

♪外道がいるさ〜 エイもいる〜
 若いなびちゃんには エイがいる〜
 いつか〜きっと いつかきっと〜
 釣れて〜くれるだろ〜
 外道はいる〜 外道はいる〜 外道はいるさ〜

 フグを釣った〜 彼がいる〜
 ゴンズイ〜釣った〜 オレもいる〜
 釣れることないさ〜 釣れることないさ〜
 自分に言いきかす〜
 外道はいる〜 外道はいる〜 外道はいるさ〜

 新しい〜釣り場は〜 超〜遠投
 ドップラー投法も〜 通用しない〜
 これは〜ピンチ これは〜ピンチ
 練習しなおそう〜
 外道はいる〜 外道はいる〜 外道はいるさ〜

 ある〜日 突然釣れだした〜
 どうして〜こんなに釣れるんだろ〜
 キャスターズのため〜 おいら〜のため〜
 こたえ〜は う〜みの中〜
 外道はいる〜 外道はいる〜 外道はいるさ〜

 近頃の釣果はと〜 よく言うけれど〜
 ぼ〜ずの頃〜よりは だいぶまし〜
 クーラーにいれよ〜 クーラーにいれよ〜
 肴にするくらい〜
 外道はいる〜 外道はいる〜 外道はいるさ〜

 外道はいるさ〜 沢山いる〜
 釣れない僕らには〜 夢がある〜
 いつか〜きっと いつか〜きっと
 釣れて〜くれるだろう〜
 外道がいる〜 外道がいる〜 外道がい〜る〜さ〜♪