「尾崎ベランダと初島毛無し岩釣果写真」


10月1日(土)、予てより計画中だった有田の新一文字にGC最年長のやっさんと向かった。

午前5時45分に一番船が出るのでトラ宅を4時過ぎに出発する予定であったが、やっさんの

勘違いで、午前2時前にはやっさんが到着していた。コーヒータイムの後、ゆっくり走って

現地に向かったが、それでも2時間近くの待ち時間があったので、有田川尻で竿を出すことに

して、やっさんは投げ、トラは先日、尾崎団地ベランダでチヌを狙ったままの仕掛けがあったので

電気ウキを流した。小さなセイゴを釣ったところでタイムアップ。

渡船乗り場で切符(千円也)を支払って、船に乗り込み、くだんの一文字に向かった。

到着してすぐに雨が降り出し、本降りになった。雨合羽を着ていても身体に沁み込んで来る

くらいの土砂降りで、雨を避ける所も無い一文字での釣りは本当に辛かった。

航空写真で見た一文字は地方と繋がっており、思ったよりも根がきつかった。

二人で嫌と言うほど、磯ベラを釣り、たまに掛かって来るチャリコには歓声を上げるほど

情けない釣果であった。おかず用のサビキも音沙汰無しで、ついに業を煮やしたトラは

転進を決意した。回航して来る船を呼びとめ、地の島にある海水浴場に場所代わりを伝えると、

道具を片付けた後に迎えに来た。ところが、この時期、海水浴場の桟橋は設置されていなくて

遠く離れた地磯に船付けをしようとした為、断って再び一文字の先端にある毛無し岩という

離れ磯に上げて貰った。友ヶ島の北垂水より、足場が悪くて、怖い場所だが、何とかやっさんと

釣り座を確保して沖に投げることが出来た。一文字より深くて潮通しが良く、期待は持てる。

一投目からやっさんが良型のチャリコを釣り上げ、トラも続いて釣った。その後、良型カワハギや

マダイと呼べる27センチも上がったが、それも潮が激流のように動いた瞬間で、あとは元の

磯ベラ軍の猛攻撃におじさん軍団は撤退を余儀なくされた。

この磯の面白いのは目の前をイワシの群れを追って右往左往するハマチの姿が見れたことで、

イワシカラーのルアーがあれば確実にヒットしていたと思えるもの凄いナブラだった。

今回は来年春のカレイポイント探索のための釣行であったが、正直、難しいと思った。

底の状態が砂泥底が少なく、シモリのきついところから、石ガレイの大型は望めるかも知れない

が、マコガレイはむしろ、以前のポイントである38番タンク前の方が良いように思う。

何度か通えば答えが出るだろうが、これはひとえにGCの皆さんの力を借りなければ、たった二人

たった一度では見出せないポイントである。夜釣りをすれば大型のマダイが出そうな雰囲気で

あるが、残念ながら、渡船は夜明けとともに出船して日が落ちる前に集客するので、これも

無理である。何ともはや、新ポイント開拓は難しいものである。