「谷川一文字釣行記」平成14年5月7日(GCダボちゃん投稿)

 4月末の連休のOLMの事である。26日の夜GCの胃袋ことムラさんの車に乗り込んだのは10時になろうかという頃であった。その後ムラさんの親友、Hさんを拾い一路FVへ向かう。出がけに、ムラさんからタバコを1本もらいその代償として、キビレ1匹を約束する。途中、トラやん宅によりプレジャーボートを拝借しFVへ・・・・その前にモスへより、Hさんに焼肉ライスバーガーをご馳走になりここでもキビレ1匹を約束する。

 合計2匹のキビレに戦慄が走る。(怖)
中略〜

 一文字に渡り竿を出したのは、夜も明けやらんとする4時過ぎであった。実績のある南側にムラさん、Hさん、ナカちゃんの3人が入り、ダボ
は一発大物を狙うべく北側に陣取った。
さすがに実績場である南側では、ナカさん、ムラさんHさんが続々とカレイをゲットしていく。
ダボは・・・その後GCのメンバーがポツリポツリと増えていく。ダボは・・・・日中GCのメンバーと再会を喜びあいまた、いっぱい釣れたカレイ談義に花を咲かせた。この時点で、ダボはカレイ2匹23.5cmと1○cm。完全に水をあけられている。

 中略〜

 27日夕方には、ムラさんがきびれ39cmをゲットしている。ダボが釣ったわけではないが、タバコのお返しが出来たと、内心喜んでいた。
夜中に、正面南側でなにやら大騒ぎしている。そこには、60cmに届かんとする。ワニが手足をもぎ取られのたうち回っていた。さすがヤッサンである。あんな小さい針でこんな大物をゲットするとは・・・・俄然やるが出てきた。正面北側で大物キビレをゲットすべく投げ返す。

 ゴンと一発竿がお辞儀をした。ヨッシャと竿をあおるが、何の反応もなくエサもそのまま針に残っている。???再度同じ所へ投げ返す。
ゴンゴンと大当たり。
今度こそはと、竿を大きくあおると乗った〜ゴンゴンゴンと竿に伝わる魚の動き、ヨッシャ〜〜間違いなくチヌや〜、
 手前にあるロープを避けるべく高速で巻き上げる。暗いなか海面に見えるのは、ほんのり赤いしかも大きい奴・・・・Hさんがタモを用意してくれている。金魚すくいの要領で掬おうとしているが敵も然るものなかなか収まらない。しかし、ハリスは5号である。そう簡単には切れない。

 2,3度目にやっとタモに収まり、無事取り込むことが出来た。もう放心状態である。48cm。みんなの視線が熱い。Hさんありがとう。
その後Hさんがきびれ44cmをゲットする。
焼肉ライスバーガーのおかえしも出来た。(勝手に思いこんでいる。)
あとは、OLM終了まで一休み。みんなの釣果を見て回る。みんなそれぞれに本命のカレイをゲットしている。表彰式で各自いろいろ賞をもらい喜びをたたえ合う。すばらしい2日間であった。皆さんありがとう。