「竿取り一文字釣行記」

5月18日の早朝、5時にやっさんとムラさんがトラ宅に到着。コーヒータイムの後、

バートさんと合流し、一路、噂の竿取り一文字に向かった。現地には6時頃に到着。

道具を下ろして、波止に向かおうとしたところ、突然、トラに激震が起こった!

仲間の道具は揃っているのにいくら探してもトラの竿袋が無い。

良く考えると、昨夜来の大雨で大事な竿だけを納屋に仕舞ったまま、現地に来たことが

わかった。まさか、手釣りと言う訳にいかないので、バートさんの車をお借りし、取りに

帰ることにした。一時間後、再度、現地に到着。

仲間はすでに竿を出しているがまだ、魚の姿はないらしい。トラも早速、仕掛けを投入し、

アタリを待った。時々、テカミが釣れて来るが本命のカレイからの魚信はない。

潮は小潮なのに、激流のように錘が流される。

昼前になってやっさんが小型のカレイをゲット。グチやアイナメなどをムラさんがボツボツ

釣っているが、先々週のように早い時間から爆釣モードにはならなかった。

夕方を迎える前にやっと、29,5センチのカレイがトラの竿に微笑んでくれた。

惜しい!あと5ミリで30センチだったのに。

その後、すぐにムラさんが32,5センチのカレイを釣り上げ、スワ!地合いか?と色めき

立ったが、良型カレイはこれで終了。その後、続々と仲間が終結し、波止の上は賑やかに

なって来た。ダボちゃんのご家族も突然、いらっしゃって、ご子息のしゅうちゃんが

ムラさんの竿を借りて、良型のガシラを釣ったり、トラの竿でダボちゃんが遠投の練習

代わりに投げて頂いた。ほんのちょっとの顔見せと言うことで、小一時間後には帰られたが、

奥様にはご主人がGCメンバーと知り合って何故、深みにはまってしまったかを多少、

ご理解して頂けたはずだ。その後、初参加である「なぶらーず」のMaoさんやGCの仲間で

本日の企画をしてくれたバートさんにも小物は釣れるものの、これからと言う時間にどうしても

帰らなければならない用事の為、お別れの時間となってしまった。

この時点で、その後にドラマが待っていようとは誰もわからなかった。

お二人をお送りして、入れ替わりに「当分休業!」だったはずのNAVIちゃんが来て、

いきなり、71センチのスズキをゲットしたのだ。

それだけでなく、仕事が終わって駆けつけてくれたそ〜さんにもキビレ38センチが

釣れ、いよいよ、「竿取り一文字」の本領発揮となった。

前回、ダボちゃんが釣ったマダイ48センチ、やっさんのマゴチ58cmを期待して、

トラも真剣に投げたが、前夜から一睡もしていなかったので、眠気には勝てず、

とうとう、テントに潜り込んで朝まで爆睡してしまった。

(中略〜夢の中へ)

午前7時に目が覚め、起きるとゴンちゃんが来ており、結局は殆どのメンバーが一文字に

終結した形になった。エサを付け替え、仲間の釣果を見に行くと、28センチのキビレを

そ〜さんが追加しており、コメちゃんは良型のカワハギ、ムラさんややっさんもそれぞれ、

良型のグチやガシラを釣っていた。

キスも24センチの良型が上がっており、不思議なことにゴンちゃんは穴釣りでカレイを

3枚も釣っていた。そ〜さんの友人で紀州釣りの大好きな石川氏は皆から少し離れた場所

で竿を出していたが、波が高く、アタリが取り辛い状態で、まだ、チヌの姿は見ていない。

流れは相変わらず強く、風もあるが、水深があるので、底まで荒れる事はないと言う事は

最初の釣行時で実証されているので、投げは問題ない。

その後、皆で朝食を食べた後、突然の大雨で、釣りは中断。

眠っていないこともあってトラ以外は全員、テントに入り込み宴会の後眠ってしまったようだ。

(中略〜夢の中へ2)

雨が上がってテントからごそごそと這い出してきた仲間はそれぞれ、自分の竿のところに

行って投げ返していた。潮はやや緩くなり、錘は止まって来た。

すると、トラの竿が軽くお辞儀をした。竿の曲がり具合から海草ではないと、判断。

時々しめ込むのをあしらって上げた竿には昨日のカレイと良く似たサイズ(29p)が釣れた。

よし!これで二枚の良型が釣れたので満足じゃと思って、ゴンちゃん達が釣っている方向を

見ると、何やら騒いでいる。一人がタモを持って走っていった。

トラも波止の上をはだしで走って見に行くと、何と!デカイものがタモに収まった。

実寸39cm、魚拓にすると優に40アップのマコガレイであった。

釣ったゴンちゃん本人もびっくりしていたが、一文字のレコードがまた、更新されたので

我々の方が驚いた。季節的にはカレイは終盤で、他の地域ではキスのシーズンになって

いるのに、ここでは未だにカレイが釣れるのである。

前回は「カレイ大魔王」のまっさんが38センチを、前々回はナカちゃんが36センチを釣り、

それ以外でも30オーバーはかなり上がっている。

これに比べればトラのカレイは赤ちゃんみたいだった。

普通、尺ガレイを釣ると嬉しいものだが、この竿取り一文字では普通サイズになってしまう。

皆の祝福を受けながらゴンちゃんはしきりに謙遜していたが、我々は心からおめでとう!

を言わせて頂いた。結局はこの大型カレイを最後に、納竿し、近くにある温泉で汗を流し、

レストランで乾杯後、帰宅したが行くたびに変わった魚や大型カレイのレコードが更新される

ので、次回のOLMもここに決定した。思い出の写真コーナーにはNAVIちゃんのスズキが

写っていないのは彼が夜中に帰った為で、撮ってくれたやっさんやムラさんの写真が

届いたらまた、アップしたい。とにかく、改めて「竿取り一文字」の凄さを認識した釣行であった。