「和歌山マリーナ釣行記」平成14年6月7日(トラやん記)

金曜日の午後9時過ぎに我が家を出発。目的地は和歌山マリーナシティのキス。
今回はGCメンバーは誰もいなくてトラ一人の釣行だ。
午後10時からはマリーナのゲートが閉鎖されるので、何とかギリギリ間に合い、
有料駐車場に入れることが出来た。道具を持っていつものベランダ護岸に出ると、
先客が数人、竿を出しており、右側の階段を下りて釣り場を確保した。

釣り勝で買ったチロリをつけて、遠近三本の竿を投げる。
風もなく、絶好の釣り日和だ。投げて間もなく、小さなアタリが出て、18センチの
キスが釣れて来た。「おお!いるやないか」と喜んで、最初の獲物をクーラーに
収める。ところが、その後はアタリがあっても針に乗らず、空振りが続く。

針を競技用の7号二本針に変更すると、すぐさま、15センチほどのピンギスが釣れた。
それでも、群れが小さいのか一匹釣るとアタリがなくなってしまうパターンで、結局、
二時間で三匹だけ。朝の地合いに期待しようと、車に戻って仮眠タイムに突入した。

午前4時前に起床。空はうっすらと明るくなって、さすがに夏至だなあと思った。
新しいエサをつけて、朝食のパンを齧っていると、大きなアタリがあった。
ポンピングしながら上げると、急に軽くなり、二本針のひとつに小型キスがついて、
もう一本の針には同型のキスの頭しかついていなかった。

まるで、包丁ですっぱり切ったような切れ口だったので、たぶん、ヒラメかコチの
類いだったと思う。残念!完全に夜が明けて、周囲に大勢の釣り人が参集し、
トラの横にもアジ釣りや紀州釣りの人がびっしり並んだ。見ていると小アジが
鈴なりに釣れている。満潮は午前4時半だったので、これから下げ潮に入る為、
条件は悪いが、遠投を繰り返した。

7時過ぎに引き釣りをしていた竿に21,5(細かい)のサイズが釣れ、ようやく、
マリーナのキスらしいアタリを堪能した。その後もボツボツであるが、15〜18cm
のキスが釣れ、最後にこの日のハイライト、24センチが上がった。釣り落したり、
齧られたキスを入れると、1ダースは超えていたので、今期初のマリーナ釣行は
まずまずの成功だったと言えよう。

「追記」
朝になってトラの右横に来られたファミリー釣りの方は偶然にも、勝ちゃんのHPで
ガシラのエサについて「鳥のササミが良い」と書いておられた方であった。
4歳のお子様とおじいちゃん、おばあちゃんを同行しての釣行でしたが、
久し振りに美人の人妻と語らうことが出来ました。それにしても、投擲技術は
半端なものではなく、トラがちょっとだけ教えた方法も完全にマスターして、
固いスッピンを貸してあげたら、ぶっ飛ばしておりました。小柄で可愛い女性でしたが、
どこにあんなパワーがあるのかとびっくりしました。
GCのOLMに是非、参加したいと言ってくれましたので、仲間の皆さんは
こぞって、歓迎して上げて下さい。