「和歌山マリーナシティの豆アジ釣り」平成14年6月9日(ムラさん記)

昨年秋の洲本OLMで土産確保にやって以来となる
久々のサビキ釣りを堪能してきました。
マリーナ自体もムラにとってはかなり久しぶりであります。

6/9(日)朝4時過ぎに、林君と二人でマリーナシティ到着。
すでに親水波止付け根の駐車場へ向かう道路の封鎖は解かれており、
有料駐車場(1日400円なのでまぁ許す)へ車を入れ、
黒潮市場側内向きで釣り開始。

市販ハゲ皮サビキの針3号6本針のウキ無し下カゴ仕掛け、
竿は安物磯竿1.5号5.4m。
開始早々、ブルブルと豆アジが2尾づつぐらい釣れてくれる。
駄目もとでヒラメ狙いの泳がせも1本だけ出す。

その後もアジはコンスタントに釣れ続き、
6時頃バートさんを探す行脚に出た矢先、
ほど近い所で投げ道具撤収中のバートさんを発見。
クーラーには良型を含むキス約10尾が収まっていた。
ご一緒の方も同様の釣果。

釣り場が混んで来たので和歌浦方面へ転進されるとのこと。
しばし歓談ののち、再び豆アジ釣りにいそしむ。
が、日が高くなるにつれ喰いが落ちてきて、
検討の結果ヨットハーバー側の内向きへ移動。

こちらでは10時のアミ切れ納竿までコンスタントに釣れ続いた。
ムラは久しぶりの豆アジ釣りを堪能したので
途中からビール飲みつつうろうろぶらぶら。
缶を持つ手が如何にアミ臭かろうが痒かろうが、
やっぱり海辺で飲むビールは格別ですたい。

ちなみにヒラメ狙いの泳がせには最後まで何も来ず。
そのかわり、中層までしか入れていないサビキ仕掛けには
3度程ヒラメが食いついてきた(姿は確認できたものの、
いずれも浮かす前にバレてしまいました)。
何で泳がせの方に喰ってこんねん。

そんなこんなで、写真は2人分のキープ釣果でアジ310余尾、
グレ子3尾、イワシ数尾、コノシロ1尾。
ミニおせんとかミニメバルとかは今回はリリースしました。
しばらくは南蛮漬けでまた一段と食が進みます(笑)。

釣果写真は思い出のアルバムへ!