「はじめてのエイ子さん」

9月14日有田川へ行くのにFVで餌を仕入れる必要があるし、岸和田のだんじりのせいで
湾岸線、臨海道路も込んでいそうなので、午後1時30分と早めに出発して、外環を通って
FVまで2時間ちょっと。その後阪和道を海南まで乗り有田川着午後5時。
 
今日は小潮で満潮は20時頃、早速アナコンダポイントで竿出しするも、目の前をボード
を引いたモーターボートが走り回り、あちこちに梵天が浮かんでいる。ボードの大会でも
有るのかと心配になったが、梵天はカニの籠らしい。日が暮れるとモーターボートも
居なくなりやっと戦闘体制が整った。
 
並継ぎの竿に8号の道糸とチヌ鉤4号に6号じか結びの仕掛け、マミヤに5号の道糸と
流線12号に6号じか結びの仕掛け、サーフリーダーに4号の道糸とキス用の仕掛け、
をセットして放り込む。・・・・・・が反応が無い。
 
エサの様子を見ようと引き上げてみるとキス仕掛けに13cm程のキスがついていた。
やはり太仕掛けのせいかなと思ったが、アタリを見逃していたらしい。キス仕掛けにばかり
アタリが有るが、並継ぎの竿は今まで使っていた竿と全く異なり、胴調子で先が硬く投げの
感覚がつかめなくて、おまけにポイントが遠いらしく8号の道糸ではそのポイントまで飛んで
いないようであった。そのうちに魚も寄って来るだろうと車の中からケミを眺める。
しかしまだまだ暑く、外に出るとちょうどいいのだが蚊が寄って来る。
 
時々ケミが揺れる程度のアタリがあり、チャリコ、キスがぽつぽつ釣れる。
一度だけ竿尻が浮きそうなアタリがあり、合わせてみると20cm位のムギメシだった。
潮が引き始めてからは、チビレが挨拶してくれた。15cmくらいであったが引きが強く
何が釣れたかと思ったがきれいな魚体だった。3時頃になるとほとんどアタリも無くなり
時々、上げていた竿が重い。ゆっくり引いてくると30cm程度の何か平べったい物が
上がってくる。一瞬カレイか?と思ったが尻尾が付いていた。これがエイコさんかと
しみじみ眺め、写真を撮った。
 
明るくなってからは、アタリが有るとフグばかりになり、8時から由良にドライブ、
さすがに海水浴客は居なくて閑散としているかと思いきや3連休のせいか何処も
人が多い、大引、小引、途中のおにぎり岩周辺、伊奈漁港も波止釣、磯釣の人が
多く、バーベーキューなどで賑わっていた。
10時頃小引手前の浜から投げてみたがチャリコばかり、1時間ほどしてウミヘビが
釣れたのでおしまいにして、広川、湯浅を回ってドライブ終了。
 
前回事故ったのと同じコースで帰って来たが、まっさんのカモシカ運転の言葉を
思い出しながら出来るだけ焦らず、ゆったりとした気持ちで運転するように心がけ
有田から3時間45分、無事帰宅した。