「御坊北塩屋のコロダイ釣り」平成14年9月29日、トラやん記

28日(土)の夜にNAVIちゃんがトラ宅に来訪。何でも和歌山で仕事があり、
途中に寄ってくれたものだ。コーヒーブレイクをしながら、御坊北塩屋で
竿を出しているナカちゃんの話をしていると、NAVIちゃん曰く。
「仕事の途中で二時間ほど、ナカちゃんの所に行き、竿を出して来ます」

トラは自宅の模様替えなどで、疲れていたし、「頑張って来てや」と
言うと、「トラさんも一緒に行きません?もし、行くのだったら仕事は
後輩に頼んでキャンセルします」と強烈なパンチを浴びせられた。

元々、この日の夜か翌日に近場で竿を出す予定だったトラは嫁のご機嫌を
伺いながら「行っても良いか?」と聞くと「どうぞ!」の返事だった。
義父をベッドに移し替えて、すぐに支度をして、NAVIちゃんの車に同乗。
FVでマムシとチロリ二千五百万円を購入して一路、御坊に向かった。

真夜中の1時過ぎに現着。いたずらでナカちゃんが釣っている場所から
少し離れた所から、携帯電話でNAVIちゃんが「もしもし、トラさんが
そちらに向かっているらしいので、来ました?」と聞くと、ナカちゃんは
「そこにいるのは判っている」と言う返事が返って来た。バレバレ!

いずれにしても、一人孤独で竿を出していたナカちゃんは大喜びで、
来て良かったなと思った。突然の思い立ちで来たのは良いがトラは
どうも、喉が痛く、風邪気味でおまけに連日の寝不足が祟って全身が
だるい。でも、その疲れも時間が経つにつれて、薄れて行った。

先週のOLMにはナカちゃんが来られていなかったので、再会を喜び、
三人で竿を並べる。夕方から来られていたナカちゃんはまだ、これと
言った釣果はないらしい。すると、一投目からNAVIちゃんの竿にアタリ!
29センチの小型ながらコロダイが宙に舞った。

その後、アタリはあるものの、ゴンズイやネンブツダイばかりで、クーラー
に入れる獲物は来ないまま、夜明けの時間が迫って来た。午前4時過ぎ
だろうか。余りにも音沙汰無しなので、前回、やっさんが竿を出していた
右端に竿を移動。沖合いの浮き桟橋に向かって遠投した。

糸を張って、ドラグを緩めた途端、ジリジリとスプールから道糸が出て行き、
そのうち、すごいスピードでドラグが回転し出した。NAVIちゃんの「コロや!」
の声で、竿を手に取り、ドラグを締め思い切り合わせをくれた。
意外と素直に乗り、沖合いから関電のテトラ方向に魚が動き始めた。

これまでにコロらしいアタリで何度も竿を伸されているので、これはコロと
違うぞ、きっとチヌやと思いながら、手前まで引き寄せ、せっかくタモを
準備してくれているNAVIちゃんを無視して、防潮提の内側に放り投げた。
上げてみてビックリ。良型のコロダイであった。実寸47センチの立派な本命であった。

これまで、三回、ここで竿を出したが初めてのコロダイであった。次々と
ゲットして行く仲間の姿に嬉しさ半分、羨ましさ半分の奇妙な気持ちで
見て来ただけに、本当に嬉しかった。それに、今回はゲンをかついで、
クーラーを持参せず、ゴミ袋だけにしたのが正解だったようだ。

獲物はNAVIちゃんのクーラーに納めさせて貰ったが、闇夜に輝くコロの
美しい眼を見るたびに、やっと釣ったと言う実感が湧いて来た。
今回は残念ながらナカちゃんには本命は微笑まなかったが、この光景を
目にして、益々彼の闘志が沸々と滾ったに違いない。

NAVIちゃん、ナカちゃん、トラの突然参加で一番良い目をさせて頂いて、
本当に有難う御座いました。これに懲りず、また同行させて下さい。
次回、福の神トラは絶対、貴兄達に釣らせます。(謝)