「「江井ヶ島にて今季初カレイ」平成14年10月6日、ムラさん記

涼しくなってからというもの、はしりのカレイを求めて
仕事の合間にこまめに竿を出しては
コフグ様にせっせと餌を貢いでいるムラは、
懲りずに10/10(木)の早朝に江井ヶ島漁港へ行ってきました。

同行の林氏はまだ暗い3時から夜釣り。
ムラは眠いので車で仮眠し、4時半からぼちぼち竿をセット。
暗いうちはチャリコがぽつぽつ。チャリコもだんだんサイズアップしてきて、
我が家では立派なおかずサイズ。

林氏は夜釣りではゴンズイに好かれたようで、4匹も釣った模様。
明るくなり始めた頃に干底となり潮が緩む。
せっせと投げ返しているとキスが釣れた。ちょっと嬉しい。

再び潮が動き始めたころ、丁度港から海苔漁船がぞくぞくと出てきて、
遠投(と言っても90mぐらい)していた竿も、
ちょっと抑えて50mぐらいのところに投げておいた。

これを餌点検しようと思って空合わせしたら重たい。
海草でも無い様なので慎重に巻いてきて、最後はタモ入れしてもらいました
(自作仕掛けの強度に自信無し;モトス5号ハリス3号カレイ11号2本鈎飾りモノなし)。
〆てメジャーを当てると32cm。

釣ったのでは無くラッキーで釣れた一枚ですが、嬉しくてちょっと
涙出そうになりました。
この感動をあますところ無くまっさんへ早朝から迷惑なメールを
送ったりして余韻を楽しむ(謝)。

完全に明るくなってからは、周りはサビキ&ツバス狙いの人達で埋まり、
沖向きは潮がごうごうと流れ、仕方なく内向きでもう一枚と思って
頑張りましたが結局いつものようにコフグ様に延々と給餌して8時半納竿。
林氏も初の自作仕掛けでガシラにオニオコゼと高級おかずをキープしていました。

(写真は思い出のアルバムに)