「竿取り一文字釣行記」 平成14年11月10日、バートさん記


 11月10日朝4時30分に起きると前日までの強風が嘘のようにおさまり

谷川一文字に渡れると確信!!

前日から紀ノ川に出撃しているナカさんに連絡をとり5時半に現地で落ち合う

ことを決め、勝くんところでマムシ+コガネを1000円ずつ購入し、いざ谷川へ

途中コンビニで食料を購入し現地到着。すでにナカさんは到着していた。現地は

風もなく一文字への航行には、支障なし!早速 トラさんボートを準備し道具を

載せて出航。一文字に無事到着しポイントを選定 朝からは、大阪側のミオ筋

狙いで道具をセットし第1投 2本目をセットしていたらいきなりアタリ!かるく

合わせてみると生命反応がり軽くしめこむカレイではないがなにかついているなと

思いあがってきた獲物は、20cm位のチャリコ!幸先ええやん今日はなんか

ええかんじやなそんなことを二人でいいながら、3本セットしアタリを待つ。

そういえば先日Maoさんがエソの襲撃を受けたと書かれていたが今日は

どうやろうと思いながらエサ交換のためリールを巻いていたら急に重くなり

生命反応しかも結構重い「ウァーこれ絶対エソや」とおもいながら巻き上げると

40cmくらいありそうなエソでした。やはりMaoさん同様エソの洗礼をうけた。

(この後洗礼は途中エソ様の昼寝を除き最後まで二人を弄んでくれた)

 しかし このミオ筋遊魚船&漁船の往来が激しい!見ているとなんかわざと

かなって思うぐらい近くを通るななんか嫌な予感がするなと思ってたら道糸沈め

している竿をひったくられた慌てて他の竿を巻き上げ浮いている竿をひっかけようと

何度も投げ返す。ナカさんも応援のため竿を急いで巻き上げたら急にナカさんが

「ウァー」と大声あげたので見ると40cm位あるエソがかかっていた。慌てて外して

僕の竿救出作戦を開始してくれた。何度か投げてやっとのおもいで救出成功!

その後ナカさんは、階段下に移動し僕は、ミオ筋で粘っていたら今度は、

なんやら怪しいクルーザーがやってきて50m位手前でサビキつりをしだす。

なんやねんこいつら 場所移動しようとリールを巻くとなにやら生命反応がある。

まきあげてきた魚を見ると今年待望のカレイがついてた(23cm)が

クルーザーが移動しそうにないので僕も階段下に移動した。ここではチャリコが

適当に遊んでくれたがカレイがつれないし、風は、だんだん強くなってくる天気

予報を聞くと風は弱くなってくるとのことなので続行。スケベ心で和歌山側ミオ筋に投げる

何回か投げたところで僕の竿に強風の中はっきりとわかるアタリあわせると生命

反応があり浮かびあがった魚はカレイ タコ石に当てないよう慎重にリーリング

上がってきたカレイを計って見ると28cmあった。続いてナカさんも同サイズを

ゲットし地合突入この後僕は続きませんでしたが、ナカさんは同サイズを3枚追加しました。

 あとになりましたが素針にハマチが追いかけてきましたので、今後いかれる方ルアーなど

おもちになってはいかがですか?