「紀ノ川、加太釣行記」 平成14年12月15日、ナカちゃん記

カレイは足で釣れ?紀ノ川、加太ジプシー釣行ナカ版

土曜日PM4:30頃、何時ものように掃除選択を終え
家を出発、今日は先週よりの連続釣行。。。
先週有田でヤッさんの釣った41.5の超大物のマコガレイを
目の前でみせられて、小生もドリームサイズは無理としても
30アップぐらいの良形ガレイを釣りたいと思い、ついついまた
出かけてしまった。

今回は夜が明けてからのカレイを期待して、おなじみの紀ノ川
ではあるが小生にとって未知の紀ノ川青岸エネルギーセンター
下手へ。

何時ものようにVにより夜昼通しで使えるよう何時もより多めに
マムを購入。

さて夜7時青岸に着いた、駐車スペースはゴミが散乱しててお世辞にも
ロケーションが良いとはいえない、ゴミをさけて下手へ100m
ここで竿出し。

月明かりの中、3本竿を出すもまったくアタリがない。
時々エサのチェックの為仕掛けをあげるが、エサがそのまま。。。
時々エサもないけど針ごとないてな感じ。

ハコちゃんと有田に入っているだダボちゃんや、今日は
これなかったそ〜さん、ムラさん、NAVIちゃんらから
何時ものようにコールが入る。。。

あまりの寒さに深夜11時を過ぎてダボちゃんとハコちゃんは
何時もの車横付けポイントへ移動、車のなかからケミを見てるらしい、
それを聞いた小生もたまらず駐車スペース前ヘ移動そこから竿出し
車の中から様子を伺う。

そのうち暖かいクルマの中でついうとうとと・・・
気がつけば朝、エサをつけて投げかえすがやはりアタリは
さっぱり。

たまに釣れるのはコフグさまばかり。
朝8時半頃、ダボちゃん父子が冷水浦へジプシーするとのこと
そこで小生も加太転進を決め、ダボちゃんをさそう。
ダボちゃん快諾、用事で先に帰られたハコさんを見送った
あとで加太に集合。

今回は去年カレイが結構あがったコメちゃんポイントはあきらめ
NAVIちゃんお勧めポイントへ非常に足場が良くかつ広々と
した場所だ。
ダボちゃん父子と雑談しながら釣りをするが、ふたりともごくたまに
ハゼやキスが釣れるのみ。。。
地元の兄やんが来て、ここは近投やで〜と
アドバイスをくれる。

そうこうしている内に天気も良くついウトウトと
起きるとダボさんが奥様より帰還命令ありとのこと
PM1時半ごろ帰られた、その後も1人竿を出すが
まったく釣れない。。。

半ばあきらめかけていたPM3時ごろ近投の竿に小さいながらも
竿先がペコリとカレイらしいアタリが来た、
タバコを一服のあと竿をあげる、手のひら強のマコガレイ
それからまたしばらくしてさっきと同じ場所でまたペコリ
今度も先ほどより少しマシなやつ、4本の竿のうち
3本をそこに集中、また同じ場所で今度はさらにマシな
マコがあがった。

このマコを最後にあとは再び何の反応もなくなる。
ほとほとカレイと言う魚は不思議だ。

ここもコメちゃんポイント同様本当にピンポイント
まるで同じ場所にカレイさんが1列に並んでいるみたいだ
最初の一匹を釣りあげると次の一匹が一歩前にでて
またエサを食う。。。想像すると笑ってしまう。

現金なもので釣れないときにはダボちゃんと2人で
本とにNAVIちゃんの友達ここであげたんかいな〜?
疑うことしきり(NAVIちゃん謝)なのに釣れ始めると
さすがNAVIちゃん若いのにりっぱなどと1人関心する。

今回紀ノ川では昼間ねばらなかったので、はたしてカレイが
釣れるかどうかは不明のままだ。
でもVの三澤店長や他の情報でも30CM前後のマコガレイ
はあがるらしいのでもう一度チャレンジして見たい。
但し夜釣りは青岸よりヘリポートポイントの方が
底の変か、川の合流点と言うこと、実績でもやはり上だ
と思う。

今回も応援コール頂きました皆様、途中からあつきあい
頂きましたダボちゃん、ダボちゃんジュニア
ありがとうございました。
(終り)