「友ヶ島納竿釣行記」 平成14年12月30日、トラやん記

12月29日(日)、今年最後の納竿釣行を友ヶ島に決め、やっさんと「今年一年間の

無事故で釣行出来たことに感謝して、海神さんに御礼釣行しましょう」と、計画。

みるみるうちに、同行者も増え、ハコちゃん、バートさん、NAVIちゃん、そ〜さんの

6名が島に渡ることになった。そ〜さんは当日、ご家族の風邪ひきで、ドタキャンに

なったが、残る五人は午前9時20分発の一番船が出る、加太港に集合。

トラと前日から泊まって待機していたNAVIちゃんは午前7時過ぎに迎えに来てくれる

予定のバートさんの車に同乗して、エサ店のフィッシングVに向かった。

二人とも、前夜のゴンちゃん交えてのGC会議で盛り上がったのが、災いして、寝過ごして

しまい、バートさんが来てくれたのに、気付かず、家内の声で目を覚ました。

バートさん、すみませんでした。FVではやっさんとハコちゃんが我々が来ることを

店員さんから聞いていたので、ずっと待っていてくれたそうだ。やっさん、ハコちゃん、

すみませんでした。(誤ってばかりや)

三台の車で、加太港には出発まで余裕を持って到着。荷物を載せて、一路島に向けて

出航。バートさんはGC仲間のナカちゃん、ゴンちゃんと同様、大の船嫌いで、早くも

船酔いを宣言していた。この日は北西風が強く、海上はかなりの荒れであったが、

出航中止になるような天気でもなく、バートさんの船上撒き餌もなく、無事に桟橋に

到着した。いち早く、NAVIちゃんが桟橋先端を確保。(結局誰も桟橋には来なかった)

GCメンバー貸し切りの状態で、好きな方向に竿を投げ分けるが、一時間経っても

二時間経っても誰の竿にもカレイ、チャリコはおろか、外道の姿も応答なし。

仕方が無いので、トラだけ、オカズポイントである桟橋根元のテトラ際で、アイナメを狙う。

ここでは何とか、26センチを筆頭に3本のクジメもどきのアイナメが釣れた。

後は、先端で多分、年末休暇なのに風邪引きで竿も出せないムラさんの敵討ちと

思えるフグ軍団に軽くあしらわれて、全員が討ち死に。最終船が迎えにくる寸前で

目的の赤い魚をNAVIちゃんが釣ったのがせめてもの釣果だった。

道具を片付け、桟橋の周囲にお神酒を捧げ、今年一年の楽しい釣りと、無事故に感謝して

帰阪の途についた。同行してくださった皆様、「釣れてますか?コール」を頂戴した、

GCの皆様、今年一年、本当にありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。