「泉佐野フェリー乗り場釣行記」 平成15年3月2日、トラやん記

本来なら、土曜日に出かける予定だった。ところが、朝から予報通りの大雨で、

翌日に変更。日曜日は快晴で気温も時間の経過とともにぐんぐん上昇。

現場のフェリー乗り場に到着して、竿を4本出した頃には防寒着が不要なくらい

温かくなった。春はもうすぐ、手前に来ていることが伺える。

一時間、二時間経過してもアタリはなく、たまに釣れて来るのはヒトデだけと言う

状況が続き、本日、こちら方面に釣行されるムラさんから電話があり、「どうせ釣れない

かも知れないが、一緒に竿を並べましょう」とお誘いし、しばらくして到着された

ムラさんと一緒に雑談をしながらアタリを見ることにした。

ムラさんの竿にもヒトデが好調?に釣れて来る。エサはマムシと青のミックスらしい。

巻き上げるたびに大きなヒトデがカレイの感触を思わせて上がってくるが、

フェリーの入港に合わせて、あわよくばアイナメでもと思ってスクリューでかき回される

ポイントにも投げ分けるものの、状況は変わらない。

この日の潮は大潮で、港内でも結構流れはあるようだ。外側の岸壁も風が収まったのか、

多くの釣り人が竿を出していたが、こちらもあまり釣れている様子は感じられない。

トラが到着した時に先客のバッカンには小型のカレイが二枚と良型のガシラが入っていた

ので、まったく不在と言うわけではなさそうだ。

1時頃に第一回目の入れ食いモード開始。待合室にあるレストランでムラさんと食事をする。

ご飯大盛り、オカズ4品、豚汁の豪華3点セットを前に缶ビールで乾杯!

二人とも良く似た体型なのであっという間に平らげ、これも同じく、持参の風邪薬を

仲良く服用。(爆)釣り場に戻って再開するも状況に変化なし。トラの竿にチビハゼが

まるで、飲ませのエサのように胴体に刺さって上がって来ただけ。(悲)

相変わらずヒトデを高級ホテル並みの三つ星、四つ星、五つ星と連続で上げていくムラさん。

そうこうしているうちに、仲間のゴンちゃんが息子さんの小太郎君を連れて遊びに来てくれた。

小太郎君はトラのことを好いてくれているらしく、抱っこしても喜んで食らいついて来てくれた。

まるで、孫のような可愛いさである。ゴンちゃん、ゴメンネ?

二回目の入れ食い(売店で買ったお好み菓子二袋とムラさん持参のチョコパン)も終わり、

三回目の入れ食い(ゴンちゃん差し入れのお汁粉)を食べたところで、タイムアップ!

もう少し粘ると言うムラさんに別れを告げて、一足先に単車にまたがり、夕陽を背に受けて

「ゴンちゃん、小太郎君さらばじゃ」と平成の月光仮面は釣り場を後にしたのであった。

釣れない釣り場に拍車をかけるごとく沢山の電話を頂戴したGCの皆さん、ありがとさんでした。