「マリーナキス釣行記」 平成15年5月10日、トラやん記

「マリーナキス釣行記」

兼ねてより気になっていた今期のマリーナのキス。仕事帰りに耳寄りな情報を得た。

先週の木曜日に27センチの大型がすでに上がったと言うことなので、以前より

計画していた釣行を実行に移した。今回はGC仲間は都合が悪く、久し振りの単独釣行と

なった。本当は金曜日の夜中に出発するつもりであったが、このところの疲れで、

無理をしないで土曜日の早朝に自宅を出た。途中、マリーナの入り口に近いモリモト釣具店

で、石ゴカイ千円を購入。現着は午前7時頃であった。今回は情報をくれた人の

お勧めポイントと言うことで、いつものベランダ護岸には行かず、違う場所で竿を出した。

先客は地元の方が二人だけと、空いており、どこでも竿が出せる。ここは投げ込みで

チヌも釣れるし、昨年は7本の尺ギスが上がったらしい。水深はそれほどないが、

雰囲気は最高である。トラも三本の竿を並べ、競技用のキス針五本仕掛けを遠投した。

本来はキス釣りと言うのは引き釣りするものであるが、ここの地元の方は置き竿が

主流と聞いていたので、トラもそれに習った。

投げてしばらくすると、小さなアタリだが、キスと思える竿先をグイと押さえる感じで

23センチが来た。単発であるが、ピンギスを混じえて、ポツポツと釣れる。

「おお、いるやんけ」と独り言を言いながら、にんまりとクーラーに収めて行った。

半ダースくらいを釣った頃にNAVIちゃん登場!最初は水道向きに入ったが船舶の

往来が激しく、結局はトラの横で竿を出す。ところが、何故か彼にはアタリがあっても

乗らない様子。あとで判明したことだが、10号の大きなキス針を使っており、ここは

そんな仕掛けでは釣れないと、トラの競技用仕掛けを進呈。

同じ頃、地元の元サーフ会員のT氏が我々の左サイドに登場し、順調に良型キスを

ゲットしてゆく。NAVIちゃんに「遠慮しないでTさんの横に入らせて貰ったら?」と

言うと、彼はT氏に挨拶をして、横に並ばせて頂いていた。

トラはすでに二桁をキープしたので、余裕であった。サイズも24センチもある良型

も見られたし、あとは何とかNAVIちゃんに釣って欲しかった。

そして、T氏の横に入った途端、いきなり24センチをゲット!その後も連続で

5匹を追加した。T氏はトラと同じくらいの年齢であったが、物腰も柔らかく、

この辺りのポイントも熟知しており、親切に色々アドバイスを頂戴した。

この場を借りて御礼を申し上げたい。夕刻も迫って来たので一応、納竿として、

この後、ナカちゃんが夜の部からここに来られると言うので、それにも参加する

NAVIちゃんと夕食を食べるために、一旦トラ宅に帰宅した。

これを書いているうちに、NAVIちゃんはナカちゃんの待つ高速道路入り口に

走って行ったが、さて、このあとの釣行結果はいかなることに・・・・?