「マリーナ下見釣行記」 平成15年5月18日、トラやん記

先週の今季初のマリーナ釣行に続いて、今週は来週に行われるGC(外道キャスターズ)

OLM(オフラインミーティング)の下見を兼ねて仲間と釣行した。

金曜日の夜中、迎えに来てくれたGCの叔父貴こと、やっさんの車に同乗させて頂いて

すでに、先発隊のナカちゃん、ダボちゃん、ハコちゃんが入釣している釣り場に到着

したのが、午前2時前。他のキャスターは二名ほど。仲間の横に入れさて貰って、

二本の竿を出した。まだ、先発隊にはこれと言ってめぼしい釣果はないらしい。

夜釣りなので大型に備えて9号のキス針にしたのだが、これが失敗で、最後まで

釣果に響いた。アタリは単発で、夜明けまで釣れたのは22センチのキス2匹だけ。

他の仲間は順調に良型キスを釣っているにも関わらず、トラにはあくびが出るほど

退屈な釣りとなった。中でも、ダボちゃんとナカちゃんは良型を含め、二桁に迫る

勢いである。眠いのを我慢して、仕掛も競技用に代えたが、どうも乗りが悪い。

9時頃に後続のNAVIちゃんと奥ちゃんが到着。いきなり、奥ちゃんに大型が釣れる

サイズは25、5センチ。竿はダイナキャストの柔らかいものを使っているのでこれが

功を奏したようだ。次々と良型をゲットしてゆき、NAVIちゃんも持ち前の遠投で

沖合いのミオ筋を攻めている。午後から用事があるダボちゃんとハコちゃんが先に

帰宅されたあと、ついにこの日最大のキスがNAVIちゃんの竿に来た。

実寸、29センチ、びっくりするほど肥えた大物だった。

ここは、毎年、尺ギスが釣れると情報を得ていたが、このキスを見て、それが本当だと

実感した。震えるNAVIちゃんをカメラに収めた後、他の仲間も頑張るが、23〜4センチの

良型キスは来るものの、尺ギスと呼べる大型はこれ一本でマリーナの下見は終わった。

結果はダボちゃん、ナカちゃん、が2桁達成。トラの22センチ4匹揃いぶみ以外は他の仲間も

二桁に限りなく近い釣果であった。先週は2桁釣ったのに、本当にキス釣りとは難しいものだ。

最後になって申し訳ないが、釣り場でお会いした、トラのHPをいつも見て頂いていると言う

野田さん、そして、この釣り場の主的キャスターの辻井さんには当日、仲良くして頂いて、

感謝してます。この稿を借りて御礼申し上げます。またお会いした時は宜しくお願い致します。