「GCマリーナシティOLM記」 平成15年5月25日、トラやん記

先週のマリーナ下見釣行に続いて、今週はGC(外道キャスターズ)OLM(オフラインミーティング)

土曜日の午後二時半に、迎えに来てくれたGCの叔父貴こと、やっさんの車に同乗させて頂いて

出発。すでに前夜からNAVIちゃんと奥ちゃんが先発隊として入っていると言う情報を得た。

釣り場に到着したのが、まだ、明るさが充分残っている夕方前。

今回は是非、試して見たかった橋げた右岸の湾奥で竿を出すことにして、先週と同じ

左岸に向かうやっさんと途中のコンビニで偶然にお会いしたリンク仲間「ほうぼう倶楽部」会長の

津田さんと別れた。同方向の場所に入っている奥ちゃんはすでに25センチ以上のキスを釣っていると

本人から聞いていたので、竿先に神経を集中する。NAVIちゃんは夜中に用事で

一旦、帰宅しているとのことで、ひとりぽっちで釣っていた奥ちゃんだが、数も9匹おり、

それも20センチ以上の良型ばかりだった。トラも数日来の体調不良で無かったら

恐らく、金曜日の夜半から竿を出していたと思う。

沖合いではいつもの通り、ボケ掘りの漁師がポンプで海水を汲み上げ、作業をしている。

当初、こんな作業をしている所で竿を出しても臆病なキスは釣れないだろうと思っていたが

良く考えると、海底の砂ごと汲み上げているので、一緒に舞い上がる他の虫エサを

求めて、キスは寄っているかも知れないと、この場所をターゲットに絞り込んでいたのである

最初の一時間ほどはピンギスばかりであったが、暗くなる寸前に23センチが釣れた。

やはり、思惑通りに釣れた時は嬉しいもので、もう一本と欲張りを決めて投げ続けたが

作業船が撤収すると同時にアタリも遠のいてしまった。

そのうち、GC仲間が続々と集結し、タイル張りの護岸は次第に賑やかになって来た。

前述の四人以外に久し振りに顔を見るyo-sanを始め、ケイちゃん。そしていつもの

ナカちゃん、ハコちゃん、NAVIちゃん、ムラさんご一家の登場だ。

(中略)

そして、朝までにコメちゃんご一家とコメちゃんのご友人の朝田さんと、GCメンバー

だけで、このポイントは埋め尽くされた感があった。

この日は長潮で、干満の差が少なく、アタリも忘れた頃に来るような、本当に間欠的な

釣果であったが、時折、ピンギスの中に20センチを超える良型も混じり、全員がボーズを

免れて、何とかOLMらしくなったが、せっかく尺ギス賞品の為に準備したアウトドア用

テレビは誰に渡ることも無く、午後一時半に終了した。

表彰式を終えた後、記念撮影をして、解散したが、釣果よりも思い切り笑わせてくれる

yo-sanとコメちゃんの毒舌対決に腹がよじれるほど楽しませて貰ったし、お美しい

ムラさんやコメちゃんの奥様とも会えたし、本当に楽しい一日を作ってくれた仲間に

感謝したいOLMであった。おかげで、病気もすっかり治って、明日からまた仕事に励む

事が出来ます。ご参加くださった皆様、お疲れ様でした。そして、頑張れコールを

頂いた、ダボちゃん、そ〜さん、有難う御座いました。