『方杭OLM始末記』

トラやん記


平成16年6月26日(土)、から前半戦最後のOLMとなるGC恒例の「釣果より楽しみを釣る会」が

中紀は方杭海岸で行われた。二週間前の下見では台風直撃にも関わらず、キスの姿も確認して

あったので●ボはないだろうと思っていたが、その通り、全員が審査に提出してくれた。

今回の参加者は仕事や所用で参加出来ないダボちゃん、ヒロ君、TOMOくん、バートさん、

ゴンちゃん、そ〜さん、Maoさん、やまちゃんが抜けたが、やっさん、ハコちゃん、yo-san、

ナカちゃん、コメちゃん、ムラさん、林さん、まっちゃん、JJさんご夫妻、NAVIちゃんご夫妻、

トラの13名が熱戦を繰り広げた。(名前が抜けていたらごめんなさい)

トラは皆さんの休憩場所及び前夜祭の本部テント設営の準備があるので、午前10時に自宅を

出発して、昼前には到着した。天気予報では雨だったが、現地についてしばらくしていたら、

曇りに変わって、夜中には星も煌き出すという、ラッキーなOLMを迎えることが出来た。

一人では大型テントは設営出来ないので仲間が集まるまでテーブルやイスなどの道具だけを

運び、昼食のパンを食べながら、竿を出した。方杭海岸は小さな入り江で、三本の波止から

なる漁港と遠浅の浜で構成されている。

本部テントに近い波止から二本の竿を出して、引き釣りしたが、釣れて来るのはGCサイズ

で20センチから25センチ未満のキスばかり。7匹ほど釣ったところでハコちゃんとまっちゃんが

登場。お二人に手伝ってもらってテントを設営した。

その後、お二人は一番外よりの波止で竿を出すべく向かわれた。時々様子を伺うが、キスの

姿はないらしく、チャリコの入れ食いらしい。

そのうち、他の仲間も続々と詰め掛けて来たので前夜祭の準備をする。今日は簡単メニューで

焼きそばの準備をしてあった。女性陣の活躍で美味しい焼きそばが出来上がり、「乾杯!」も

する間もなく、それぞれが紙皿を手に腹を満たした。

16人分の焼きそばがあっという間に無くなり、竿を出しに行ったyo-sanとナカちゃんが戻る

までに完食。さあ、食べようと言うお二人には大変、申し訳ないことをした。

もし、会費でも取っていたら罰金もんだった。この始末紀でお二人には再度、お詫び致します。

いずれにしても、次回からこのような食事をするときは人数の倍は確保しておく必要があると

勉強になった。前夜祭のあとはそれぞれが散開し、お好みポイントで竿を出すことになったが、

トラはすでに小さいながらも本命を釣っていたので、波止をコメちゃん、ムラさん、林さんに

譲り、やっさんが出している本部テント横の階段状の石畳から竿を出した。

釣り人とは勝手なもので、明るいうちは夜釣りに分があると思い、暗くなるとやっぱり夜明け

から勝負だと思ってしまうものである。この日も同様で、今か今かと大型キスのシグナルを

待っていたが、一向にアタリもなく、たまに大アタリがあれば何者かに齧られた小魚が

上がってくる始末。徐々に眠くなって来たので、車に移動して、車内にアースを撒いて

蚊を撃退後、仮眠モードに入った。(中略)

翌日は曇り時々晴れの梅雨とは思えない天候に恵まれた。これもひとえにGCの皆さんの

日頃の心得が良いからだと思ったが、本当は台風コンビのハコちゃんの片割れがいない

からだと言う人もいた。きっとご本人はくしゃみをして、ご自宅で雨乞いの祈祷をして

と思う。集合時間の午前11時までに全員が集まり、やっさんとyo-sanのコンビによる

厳正な審査が始まった。表彰式は近くの温泉「みちしおの湯」に入ったあと、レストランで

行われた。賞品は仲間の持ち寄りで、順にキスの部、他魚の部、〜と賑やかな談笑で

始まったが、今回は何と、初めてのOLM参加で自ら大物を釣った女性陣が上位を占めた。

男性諸君のプライドがあるので、審査結果は省くが、「楽しみを釣る」という目的は

果たされたOLMであったことは確かである。

このOLMで本部備品は言うに及ばず、食料品、アルコール飲料や賞品の数々をご提供

頂いた仲間の皆さんに厚く御礼を申上げます。